断捨離実践のための心構え。入ってくる不要なものを水際で防ぐ方法とは? - ステキなおばあちゃんになりたい

スポンサードリンク


断捨離実践のための心構え。入ってくる不要なものを水際で防ぐ方法とは?

今日、私はちょっとした試練(?)を乗り越えてきました。

試練とは大げさかもしれませんが、「何があったの?」と思った方は、続きをぜひ読んでくださいね。


続きを読む前に、応援クリックしていただけると泣いて喜びます♪
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ




その試練とは、プラスチック容器を捨てたのに、また我が家に戻って来ようとしたことなんです。でも、それを乗り越えて、不要なプラスチック容器が入ってくるのを、水際で防ぐことができました。

水際で防いだ方法「勇気を出して断った」です。


先日、我が家はプラスチックの容器類を断捨離しました。

※参考記事⇒死んでいるモノを断捨離しました~我が家の断捨離実践


けっこう思い切って捨てたので、かなりスッキリしてゴキゲンだったのですが、今日義母の家に行くと、テーブルの上に新品のタッパーが置かれている……。

嫌な予感的中で、「これ、いらん?」と聞かれました。


今までの私なら、多分義母に気を遣って、あまり欲しくなくてももらって帰っていたと思います。

でも、断捨離を実践している今、ここで要らないモノを安易にもらってしまっては、元も子もありません。

私の答えはもちろんNOです。一応義母に気を遣い「う~ん…入れるところないしなぁ。やっぱり、やめとくわ」と、やんわりとお断りしました。

義母ももらい物だったようですが、「いりません!」とバッサリ切ってしまうと、義母にしてみたら、きっといい気がしないですよね。


人はNOというよりも、YESという方が精神的にラクで、日本人は特にその傾向が強いように思います。

私もNOと言えない日本人のひとり。YESと言ってしまってから、後で「しまった」と思うことも多々あります。

ですが、断捨離を始めて、自分は何を欲しいと思うのか、持ちたいと思うのかという基準が、最近ハッキリしてきたように感じます。

持ちたいと思わないモノを、勇気を持って断ること。

「断る勇気」

断捨離の大切な心構えのひとつだと思いました。

 **************************************************

それにしても、タッパーを断捨離で捨てたら、まさか、またタッパーが回ってくるなんて不思議ですよね。

私、断捨離の神様(いるのかな?)に試されてるんだわ~と感じた出来事でした。


コチラにも断捨離の情報が満載です♪
 ↓ ↓
トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

いつも応援していただき、ありがとうございます。おかげさまでランキング上昇中です♪
  ↓  ↓  ↓
banner.png


スポンサードリンク
コメント
非公開コメント