コラーゲンで毛穴対策はできる?(その1) - ステキなおばあちゃんになりたい

スポンサードリンク


コラーゲンで毛穴対策はできる?(その1)

以前、こちらの記事
「頬のたるみを改善して、毛穴の開きを解消する方法」

加齢によるコラーゲン、ヒアルロン酸の減少は、
肌のたるみ、そして毛穴が目立つ原因になる
とご紹介しました。

加齢によるものなので、減少するのは仕方ないですよね。

では、コラーゲンを食べ物などで摂取することで、
肌に補うことはできるのでしょうか?


続きを読む前に、応援クリックしていただけると
泣いて喜びます♪
   ↓  ↓  ↓
  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
最近はコラーゲン製品がたくさん発売され、存在しています。

もし、同じ値段で、「コラーゲン入り」と表示されているものと
コラーゲンが入っていないものがあったら、
あなたはとちらを選びますか?

私だったら、迷わず入っている方を選びます(キッパリ!)

同じ値段なら、たいていの人が、
コラーゲンが入ってる方を選ぶんじゃないかと思いますが・・・

だって、コラーゲンって、美肌効果がありそうな感じしますよね。

こうやって市販されているのだから、
コラーゲン入りの製品には、
美肌に効果があるでしょ!って思ってますよね。


私ももちろんそう思っていたのですが、
その美肌効果を調べていくうちに、

コラーゲンを摂取することで、肌に補うことができるという考えは、
あれ?ちょっと違うの?・・・と感じました。


コラーゲンとは?


そもそもコラーゲンとは何でしょうか?
まずそこを理解しないといけないですよね。

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、
真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する
タンパク質のことをコラーゲンと呼んでいます。

食べ物などから摂取したコラーゲンですが、
体内で吸収されるには、いったんアミノ酸に分解されるんですね。

アミノ酸とは、簡単に言うと、コラーゲンを作っている部品。

つまり、体内で吸収される時、コラーゲンはバラバラにされて、
部品になっている状態で吸収されるんです。

でも、アミノ酸になったコラーゲンは
もう一度コラーゲンになるんじゃないの?って思いますよね。

実は、バラバラに分解された状態のコラーゲン(アミノ酸)は、
コラーゲン以外のタンパク質を作るのにも使われるんです。

ですから、コラーゲンがコラーゲンに・・・
というのは無理なんですね。

もちろん、一部のアミノ酸は、
再度コラーゲンを作るのにも使われるので、

厳密には、「コラーゲンがコラーゲンになるものもある」
というわけですね。


コラーゲンの説明だけで長くなってしまったので、
毛穴対策ができるかどうかというお話は、次の
「コラーゲンで毛穴対策はできる?(その2)」で。

興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね♪
 ↓ ↓ ↓
「コラーゲンで毛穴対策はできる?(その2)」


もしも何かのお役に立てたなら
応援クリックお願いしますm(__)m
   ↓  ↓  ↓
  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント