頬のたるみを改善する表情筋トレーニングで毛穴を小さくしましょう - ステキなおばあちゃんになりたい

スポンサードリンク


頬のたるみを改善する表情筋トレーニングで毛穴を小さくしましょう

肌のたるみを引き起こす原因となる、表情筋の衰え。

表情筋が衰えると、肌のたるみを引き起こすだけでなく、
表情も固くなってしまって、老け顔に見えてしまったりして、
いいことはありませんよね。

「あの人、ステキだな~」と思う人って、
表情が豊かで、若々しい感じがしませんか?

逆に、「あの人、とっつきにくそう・・・」
なんて思ってしまう人はいませんか?

今日は、肌のたるみを改善しながら、魅力的な表情を手に入れる
一石二鳥の方法をご紹介します。



続きを読む前に、応援クリックしていただけると
泣いて喜びます♪
   ↓  ↓  ↓
  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
なんとなくとっつきにくそうな人って、
怒っているわけじゃないのに、怖い表情だったりしませんか?
無表情で、何を考えているか分からなかったりとか。

しゃべってみると、実はそんなことなかったりするのですが、
第一印象で、とっつきにくそうだなんて思われるのは損ですよね。

もしも自分がそんな風に思われていたら・・・
それってかなりショックです(>_<)

そんな風に思われないように、
明るく魅力的な、イキイキとした印象になるように、
表情筋を鍛えるトレーニングをしてみませんか?

表情筋を鍛えることは、肌のたるみを改善することにつながります。

そして、肌のたるみが改善されると、
加齢による毛穴の悩みも解消されるという好循環が生まれますよ。


日本人は、全体の約30%ほどしか表情筋を使っていない
というデータがあるそうです。

アメリカ人は60%なんだとか。
確かにアメリカ人は表情が豊かですよね。

つまり、日本人はアメリカ人よりも表情に乏しい・・・ってことは、
表情筋をあまり使っていない人が多いので、
衰えやすいということですよね。

なので、普段から意識して動かすことは大切ですね。

表情筋トレーニングは色々な種類があるのですが、
今日ご紹介する方法は、表情筋の中でも、
特に頬のたるみを解消する方法です。


頬のたるみを解消する表情筋トレーニングの方法


トレーニングと言っても、難しいことは全然ありません。
道具もいりませんよ。

頬のたるみを改善するには、舌を動かす運動が効果的です。


【やり方】

口を閉じて、歯ぐきを舌でなぞるように動かして、
舌をグルグルと回す。

たったこれだけです。
簡単でしょ?

右回り、左回りと20回ずつ。
これを1日3セットやってみましょう。

20回といっても、やってみると実はけっこうキツイんです(-_-;)
それだけ普段から表情筋を使っていない証拠かもしれません。

やり方は簡単なので、ぜひ毎日表情筋トレーニングをして、
魅力的な表情を手に入れ、毛穴の悩みを解消しちゃいましょう♪


もしも何かのお役に立てたなら
応援クリックお願いしますm(__)m
   ↓  ↓  ↓
  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント