断捨離実践中の、もったいないから捨てられないを克服するには? - ステキなおばあちゃんになりたい

スポンサードリンク


断捨離実践中の、もったいないから捨てられないを克服するには?

断捨離023


断捨離実践中の我が家ですが、この耳掃除グッズを職場でもらいました。

「使うかなぁ?」と思ったのですが、断ることもできずもらってきてしまいました。


予期せず我が家に入ってきたこの耳掃除グッズ。捨てるのはもったいないと思ったので、子供にも勧めながら頑張って(?)使ってます。


これを機に、もったいないから捨てられないを克服するにはどうすればいいのかな・・・と考えてみました。


続きを読む前に、応援クリックをぜひお願いしますm(__)m
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


断捨離の断は「不要な物が入るのを断つ」


断捨離を実践しようと思っても、使える物を捨てるのはもったいないと思うと、やっぱりなかなか捨てられないですよね


その理由はコチラの記事に書いてますので、参考にしてください。
 ↓ ↓ ↓
断捨離を実践する時に邪魔になる、捨てられない理由とは?(その2)


特に人からもらったものだと「せっかくくれたから」という気持ちが上乗せされて、さらに捨てにくくなったりしませんか?


断捨離の断は「不要な物が入るのを断つ」

要らない物をもらわないようにする、使わないものが家に入るのを断つぞという決意が必要なのです。

でも、実際そうもいかないことがありますよね。


例えば路上で配っているティッシュやチラシなら、相手は見ず知らずの人なので断るのは簡単です。

でも、相手が職場の人や友達だと「使わないけどなぁ・・・」と思いながら、「いらないわ」ともなかなか言えないですよね。


断ると相手に悪いからとか、断ると自分の印象が悪くなるかも・・・など、自分の気持ちとも戦うことになります。

感情が伴うと、余計に断ちにくくなってしまいますよね。


もったいないから捨てられないを克服するには?


もったいないから捨てられないを克服するには、とにかく使う。まずはこれしかないと思います。


使い切れば捨てずに済むのですから、捨てる罪悪感は感じずに済みますよね。


先日私がもらった耳掃除グッズ。「ぜひ使いたい!」という気持ちは湧きませんでした。

でも、もったいないし「とにかく使おう」

そう思って目につくところに置いて、毎日使うようにしています。しまい込んでしまうと、きっと忘れると思うので^^;


もしかしたら最後まで使い切れないかもしれません。

でもある程度使えば、新品ではないので、もったいないし捨てられないという気持ちも軽減されるかもしれません。ちょっとずるいけど・・・


断捨離というと捨てるイメージが強いです。

でも、断捨離で何でもかんでも捨てればいいのではなく、使える物は使って使い切ろうと思う気持ちも大事かなと思います。


それでも、やっぱり使えるけど使ってないなと思ったら、その時は捨てる罪悪感と向き合いながらキッパリと捨てましょう。


その後は、不要な物を入れない「断」の意識を高めていくことが必要ですね。


もしもお役に立てたなら、お帰り前にポチッと応援クリックをお願いしますm(__)m
  ↓  ↓  ↓
banner.png
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント