化粧を必ず落としてから寝る人になるための5つのコツ - ステキなおばあちゃんになりたい

スポンサードリンク


化粧を必ず落としてから寝る人になるための5つのコツ

前回の記事で、
「化粧を落とさないで寝ると老化が進みますよ」
ということをお話ししました。

まだ読まれていない方はコチラもぜひどうぞ♪
 ↓ ↓ ↓
「お化粧を落とさないで寝ると老化が進む?」

化粧を落とさないで寝ることで起こる肌への弊害、
お分かりいただけたでしょうか?

どれだけ肌に悪い影響があるかを知ると、

「これからは、どれだけ疲れていても
絶対化粧を落としてから寝るぞ!」と
思わず決意してしまいますよね(^^ゞ

でも、決意はしたけれど、
やっぱり面倒になってしまう・・・という方に。

今日は、
化粧を必ず落としてから寝る人になるための5つのコツ
をお伝えします。


続きを読む前に、応援クリックしていただけると
泣いて喜びます♪
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   
化粧を必ず落としてから寝る人になるための5つのコツ


【コツその1】
とにかく帰ってきたら、ソファなどに座らず洗面所に直行する。

「あ~あ、疲れた・・・」とソファに座りこんだら、
もう動くのが面倒になってしまいますよね。

その結果、「ま、いっか・・・」と
化粧を落とさずに寝てしまうことになりがちです。


【コツその2】
W洗顔不要のクレンジングを使う。

化粧をしていると、クレンジング→洗顔という
2つのステップをしないといけないので、
化粧を落とすのが面倒ということにつながります。

化粧を落とすのが少しでも面倒にならないように、
W洗顔不要のクレンジングを使うと
「これだけ頑張ろう」という気持ちになれますよね。

ちなみに、私が愛用しているのはコレです。
 ↓ ↓ ↓
W洗顔不要のクレンジング


【コツその3】
クレンジングシートや拭き取りタイプのクレンジングを使う。

コツ2と同様、クレンジングがラクになるアイテムですが、
クレンジングシートなら、洗面所に行かなくてもOKなので、
さらにラクになりますよ。

ただ、拭き取りタイプは肌をこするので、
ちょっと肌への負担が大きいかもというのが心配。

でも化粧を拭き取らないよりは、
拭き取って寝た方が絶対いいと思うので、
毎日ではなくて、ここぞという日に使ってください。

リビングに置いておいたり、枕元に置いておく、
携帯タイプをバッグに入れておくなどすると
クレンジングが面倒じゃなくなりますね。


【コツその4】
顔にダニがいるところを想像してみる。

顔ダニなんて、想像するだけで気持ち悪いですよね。

顔ダニはほぼ100%の人にいるらしいのですが、
恐ろしいことに、化粧を落とさずに寝ると、
増殖することがあるそうです。

顔ダニが増殖すると、肌荒れ、ニキビなどの
肌トラブルを起こすことがあるので、

顔ダニが増殖するところを想像すると、
「やっぱり顔を洗って寝よう」と
頑張れるかもしれません。


【コツその5】
美肌の意識を高める。

何と言っても、美肌意識を高めるのが、
一番効果的じゃないでしょうか。

何をするにも、気持ちが伴わないと
なかなか行動できないものなので・・・

1回や2回、化粧を落とさずに寝ただけで、
目に見えるほど老化することはないと思いますが、

回数が重なると、すぐには影響は出なくても、
5年後、10年後の自分の肌に
何かしら影響は出てくると思います。

後悔先に立たず。

シミやシワが出てきてから後悔しないようにしたいですね。

----------------------------------------------------

コツと言っても難しいことは全くなくて、
少し行動や意識をを変えるだけです。

今日は飲み会で遅くなりそうだなとか、
今日は予定がいっぱいで疲れそうだなという日は、

前もってシートタイプのクレンジングを用意しておくなど
事前に準備をしておくと、
クレンジングが面倒にならずに済むかもしれません。

ズボラ女子を卒業して、
化粧を落としてから寝る人になりたい!という方は、
ぜひ試してみてくださいね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

クリックして頂けると記事更新の励みになります。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント