洗顔に最適な温度とは?|美肌のための洗顔方法 - ステキなおばあちゃんになりたい

スポンサードリンク


洗顔に最適な温度とは?|美肌のための洗顔方法

毎日のクレンジングと洗顔。
美肌のために、ファンデーションなどの汚れは
その日のうちにキチンと落としたいですよね。

でも、汚れがよく落ちそうだから・・・と
体を洗うシャワーの温度と同じ温度で
顔を洗ったりしていませんか?

もしそうだとしたら、レッドカードです!

シャワーの温度は40℃~42℃くらいですよね。

この温度だとかなり熱くて、皮脂を落としすぎて
顔の肌は乾燥がどんどん進みますよー。

美肌を目指すなら、絶対にやめてくださいね。

では、皮脂を落としすぎない最適な洗顔温度とは
いったい何度でしょう?



続きを読む前に、応援クリックしていただけると
泣いて喜びます♪
   ↓  ↓  ↓
  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
洗顔の温度の前に、まず皮脂の役割にについて
知っておきましょう。


皮脂の役割とは?


皮脂ってテカるし、皮脂で化粧は崩れるし・・・
とかなり悪者扱いされてますけど、
皮脂には肌を守る重要な役割があります。

余分な皮脂は落としたいけど、
落とし過ぎるのは肌にはよくありません。

皮脂は天然のバリア機能とも言われるくらい、
とても大切な存在なんですよね。

油成分である皮脂が肌にあるおかげで、
私達の肌は、水分の蒸発がおさえられて潤っているんです。

だから、むやみに悪者扱いして落とそうとする必要はないんです。

仮に肌に全く皮脂がなかったとしたら・・・
水分が蒸発しっぱなしで、カッサカサの状態になるんですね。

だから洗顔で皮脂を落としすぎると肌の乾燥は進み、
乾燥が進むと、肌のたるみ、毛穴の開き、
シワ、しみなどの肌トラブルにつながります。

「皮脂は肌を守っている」ということをしっかり頭に入れて、
洗顔をすることが大事ですね。



皮脂を落としすぎない最適な洗顔温度は?


皮脂は30~32℃で溶け出すので、
皮脂を落としすぎず肌の乾燥を防ぐ洗顔の温度は
30~34℃のぬるま湯が最適です。

乾燥肌の人は、もう少し低い温度でもいいかもしれません。

・・・が、例えば32℃のぬるま湯って
手で触れた時にどんな感じか分かりますか?

ぬるま湯というと、触ってほんのり温かいと感じるくらいかな?
と思っていませんか?

私はそう思っていたのですが、これが実は違ったんです。

一度水温を計ってみようと思い計ってみたんです。
家には体温計しかなかったので、体温計でですが・・・(笑)

計った結果、32℃って意外と水に近い感じなんですよ。
冷たくはないけど、温かい感じはあまりしない温度。

私がぬるま湯と思っていた温度は、
34~38℃くらいだったんです。

参考までに平成25年度の東京都の水道水の平均水温です。

1月  7℃
5月  18℃
8月  28℃
11月 15℃

・・・とこんな感じです。

ちなみに、東京都の25年度の最高水温は29℃。

ということは、真夏の東京なら、水道水で洗顔すれば、
ほぼ洗顔の最適温度になっているということです。

水温は地域によって違うし、時間帯によっても違うと思うので、
ご自分の家で一度温度を計って、
「これくらいが最適温度」というのを覚えるといいですね。

それと洗い方ですが、必ず手ですくって優しく流すことが大切。
もちろん、シャワーを顔に直接かけるのはNGです。

洗顔に最適なぬるま湯の温度を覚えて、
毎日ちょっとしたことに気を付けて
美肌エイジングケアを目指しましょう♪


最後まで読んで下さってありがとうございました。

クリックして頂けると記事更新の励みになります。
   ↓  ↓  ↓
  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント