プラセンタの種類は? - ステキなおばあちゃんになりたい

スポンサードリンク


プラセンタの種類は?

美肌効果が期待できるとして、今人気の美容成分プラセンタ

サプリ、ドリンク、美容液など、様々な商品が発売されています。

プラセンタは動物などの胎盤から抽出する成分ですが、
プラセンタにはどんな種類があるのでしょうか。

続きを読む前に、応援クリックしていただけると
泣いて喜びます♪
   ↓  ↓  ↓
  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

豚プラセンタ


美容関係の商品で、今一番主流となっているのが
豚プラセンタです。

以前使われていた牛プラセンタが、
狂牛病の問題があり使用できなくなり、
豚がプラセンタ商品の原料の主流になりました。

豚は遺伝子的に人間に近いので、
安全性も高いとされています。

また、大量生産も可能なので、
値段も比較的安価なのが特徴です。



馬プラセンタ


豚プラセンタよりも、アミノ酸を含む量が250~300倍あり、
豚プラセンタよりも効果が高いとも言われています。

豚よりも生産される量が少ないので、
価格は豚よりも比較的高価な場合が多いです。



羊プラセンタ


日本では豚が主流で、
羊プラセンタはあまり使用されていませんが、
海外では多く使用されています。

羊プラセンタは国産では生産されておらず、
スイスやニュージーランド産が多いです。

海外から輸入されている羊プラセンタ製品は、
厳しい検査を受けているものがほとんどなので
品質的には問題ないようです。



植物性プラセンタ


大豆やとうもろこしなどの植物の、
「胎座」から有効成分を抽出したものです。

植物性のプラセンタには、
動物性のような成長因子が含まれていません。

美肌効果はあるようですが、
健康面での効果等はあまり期待できないようです。


マリンプラセンタ


植物性とよく似た成分で、魚由来の海洋性のプラセンタを
マリンプラセンタといいます。

鮭は産卵するものなので胎盤はなく、
マリンプラセンタは、鮭の卵巣膜を精製したものです。

鮭の卵巣膜には、胎盤と同様の高い栄養成分が含まれており、
動物由来のプラセンタに比べ、アミノ酸の量が多いとされています。


人プラセンタ


人プラセンタは、プラセンタ注射という医療目的のみで使用されている
人間の胎盤から抽出したプラセンタです。

医療機関でしか扱うことを許可されていません。

肝機能障害や更年期障害の治療薬として使用されており、
保険も適用されています。

現在、厚生労働省で認可されているヒトプラセンタは
ラエンネック、メルスモンの2種類だけになります。

---------------------------------------------------------------------

ひとことでプラセンタと言っても、いくつも種類があります。

プラセンタ商品を購入する際には、
それぞれの特徴などをしっかり理解した上で、
納得して購入するようにしましょう。

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント